介護あれこれ

女っぷりのない大山の仕事っぷり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

お見舞い

仕事が早く終わったので、入院しているMさんの病院へ行ってきました。
私、お年寄り(介護者)のお見舞いに行くのは初めてです。

Mさんのいらっしゃる病院は会社から自転車で5分ぐらいで、この界隈では評判のいい病院です。
丁度、私が行ったころは夕食の時間でした。
食事介助の様子が見れたのですが、ゆったりと丁寧な介助をしていました。

肝心のMさんは、その食事の輪の中にはおらず・・・昏々と眠っていました。
Mさんからはいろんなチューブが出ています。

「Mさん。。。ヘルパーの大山です」と恐る恐る声を掛けてみました。すると目が動きます。私には目を開けようとする仕草のように思えました。
けど開きません。実は、目やにがいっぱいついてるのです。
何度も何度も声を掛けたり、最近誕生日を迎えた方なので「おめでとうございます」というと、かすかに口を動かしていました。

彼女は必死に生きようとしています。なんだか涙が出てきました。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/19(水) 21:13:54|
  2. 大山の仕事っぷり|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

↓本日はこんなん出ました↓

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arekore.blog4.fc2.com/tb.php/10-6e033a9f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。